Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
COUNTER 2005/08/19
Total

Unique
あなたのブログのお値段は?
GoogleAdSense
なかのひと
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 番外編
2004年6月19日
なんか喉が痛いと思ったら、風邪をひいてしまったようです。

しかし!
以前とは違い、38度程度の熱しか出ません。
40度の熱と格闘を続けたDizくんにとっては
子どもだまし!

へこたれないッ!

Dizくんの生活は続く!
To Be Continued...
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 00:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その13
紆余曲折ありながら、ボクの扁桃腺切除の幕は閉じました。
手術によって変った喉の形にも慣れました。
(のどちんことか、全然違う位置にあるんだぜ!)

この扁桃腺のお陰で、色々な体験と出会いがありました。
こうして健康になったのは、多くの人達のお陰だと感じています。

なお、この「Dizくんの扁桃腺切除体験記」は基本的に事実ですが
省略や脚色、ボクの文章力の無さから、まったくの事実ではありません。

ご了承ください。ぺこり。

今日の外観は book でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 01:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その12
術後2週間が経過した頃には
違和感はあるものの、痛みもとれていました。

そこでッ!
食事です!美味しいものを食べたいのです!
1ヶ月ほどロクなものを食べていません。

女の子と食事に行きました(*^−^*
久しぶりに食べる真っ当なご飯に感激!
美味しいよ!

居酒屋へ行ったので一杯だけと思い
ビールを注文しました。

あー、ビールも久しぶりだよ!
話も弾んで楽しい限り。

ですが・・店を出る頃には
Dizくんの体は危険信号を発していたのです。

出血!
アルコールを飲むと血流が良くなり
傷が開くと聞いたことがあります。
まさか、出血してしまうとは!

急いで別れて、家に帰ります。
かなりの量が出ていそうです。

家につく頃にはかなり出血が酷くなっていました。
洗面所もトイレも血だらけです。
この様子を見た人は「絶対内臓をやられている!」
と思ったそうです。
ボクもこんな出血は生まれて初めてです。

喉をアイスノンで冷やしながら
大人しく横になる事約5時間。
朝方には、なんとか血も止まってくれました。


■次回予告■
Dizくんは健康になれるのか!?

どうなるDizくん!
次回最終回!!

今日の外観は memo_type でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 03:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その11
はれて退院できたDizくん。
しかし、喉の痛みはまだまだひきません。

特に朝起きた時が辛く、歯を食いしばりながら時間が過ぎるのを待ちます。
朝は喉が渇いていて、痛いそうです。

ボクが痛い痛いと言いながら、二時間ほどかけて
素麺を食べる姿を見た人もいるでしょう。

あのピラピラの卵が硬いんだよね。
あれが喉を刺激する!

何を食べても、食べる速度より、消化する速度のほうが速いらしく
暫く満腹感とは無縁です。


痛くなるともうダメ。暫く休憩しないと痛みは治まりません。


そして・・痛みもひいてきたある日・・
・・ついに出血してしまったのです。


■次回予告■
ビールと血飛沫!
Dizくんの生死は?

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は PearlWhite でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その10
次の朝帰ってくると、シコタマ怒られました。
まぁ、当たり前なんですけど(^−^;

誤解の無いように言っておくと
本当は、ビリヤードとボウリングなんて行くつもりは全くなく
他にどうしても譲れない用事があったから無断外泊をしたのです。

外泊許可もおりず、相談できる人もいなかったので
しかたなく、勝手に抜け出しました。

結局、努力は実を結ばず、無断外泊は無駄となりました。
でも、精一杯努力した結果なので納得しています。

この事件以降、外出時に「ちゃんと帰って来てくださいね」
って言われるようになってしまいました(^−^;

まだまだ喉は痛い。
しかし、そんなボクも退院出来る事になりました。

しかし・・Dizくんの人生は一筋縄ではいかないのでした。


■次回予告■
Dizくんの歯軋り!
唸る素麺との大格闘!

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は separate でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その9
まだまだ痛みの続く日々は続きます。
喉についた白いものがカサブタらしいです。
ボクの喉はカマンベールチーズみたくなってます。

これがとれれば完治のようです。
ですが、カサブタがとれかけているときが一番危険らしいのです。
まだ治っていない所までとれてしまうと、激しい出血が!
喉の止血は非常に困難なのです。
縫っても喉が動くと糸が取れてしまう。
有効な手段は、手で押さえる。レーザーで焼くくらいだそうです。
いずれも、また手術室に入って行うことになるのです。

こわいこわい。

そんな夜、ボクは無断外泊して
ビリヤードとボウリングして遊びました(^−^

こわいこわい。


■次回予告■
怒りの看護婦さん!
Dizくんにかけられる呪いの言葉!

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は rings でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 09:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その8
ううぅッ!痛みで目が覚めました。
気がつくと、病室でベッドに横になっていました。

この日は、しばらく喉から出血していて
喉に血が溜まる毎に、看護婦さんが血をとってくれました。

でも、ココで嬉しい事が。
どうやら、尿道に管は入れられなかったようです。
た・・たすかった。

扁桃腺をとった時の痛みは、大体2週間でとれます。
完全に直るまでは「年齢と同じ日数」がかかるそうです。
3歳なら3日!!ずるい!

数時間は、気が狂うような痛みに苛まれ
痛みと格闘を続けます。

数日は、おかゆだけの毎日。
アイスクリームも沢山食べました(笑

でも、 喉が動く=痛い なので、水を飲むだけでも地獄の痛み。
ご飯は、いつも2時間くらいかけて食べました。

仕方ないのですが、病人食でご飯はあまり美味しくありません。
でも、贅沢は言っていられない!
ボクの為にワザワザ作ってくれている食事なのだから!

そんな時、担当の看護婦さんが来てくれました。
「うわぁ、美味しくなさそぅ」

不味そうなんて言わないで!
それオレが今から食べるんだよー。
これからも食べなきゃいけないんだよーぃ。

Dizくん担当の看護婦さんは、歯に布着せぬ人でした。
でも、病人としての扱いしかされない病院の中では
特別な人で話していて楽しかったです。

ボクの 読んでいた本 に興味を持ったらしく
貸してあげたりもしました。

この後も「自分の勤めてる病院で診て貰いたくないわぁ」
とか爆弾発言聞きました(笑


■次回予告■
Dizくん病院から逃亡!?

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は flower でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その7
またまた熱が出て手術は延期です。
体が弱っている状態で全身麻酔をかけると、目が覚めなくなる確率が上がる等
悪い事づくめで手術は出来ません。

気長に療養生活です。
神様はボクを健康体にしたくないようです(笑
ノートパソコンをいじったりしながら過ごしました。

約一週間遅れましたが、気を取り直して手術です。
術衣に着替え、ベッドのまま手術室へ直行です。

ライト!
手術室に入って一番に思ったのは、TVでよく見るあのライトです!
あのライトを見ると、手術の実感が沸き急に不安になってきます。
扁桃腺なんかじゃなく、もっと大変な病気にかかっている気がしてきます。
お腹でも開かれそうで、ホント恐いですよ。

そんなボクの緊張を知ってか知らずか
お医者さん達は、超普通です。
「○○くんがヘッドライトつけた後は、ゆるゆるなんだよ。頭デカイもんなぁ」
「あははは」
普通にいらん会話してます。

入院初日から付けていた針に麻酔が流されると
左腕に痛みが走り始めます。
「いててててて」
ボクの意識は失われました。


■次回予告■
痛みの日々。
その時、看護婦さんから衝撃の言葉が!

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は 和道 でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その6
2004年4月15日
会社の研修を休み、手術前日から入院です。

手術なんて初体験。
手術の説明を受けました。
喉の奥にある扁桃腺を切るためには
邪魔になる部分も切ってとっちゃうそうです。

強引に機械で口を開けて行う為、全身麻酔も必要です。
歯が欠けたり挿し歯が取れたりする可能性もあるようです。

どうも、想像していたより随分と大掛かりです。

ショックだったのは、全身麻酔をかけてから
目が覚めて暫くは自力でトイレもいけない為、
尿道に管を入れるそうです。
手術関係で一番ショックを受けたのはこれでした。

術後は切った部分が痛む為、冷やすのが良いそうです。
アイスクリームなんかを食べるのも良いと言われました。

明日は手術です。
友達も見舞いにきてくれました。
これでボクを苦しめ続けた高熱ともおさらばです!

いよいよ手術日の朝がやってきました!










熱がでて手術は延期になりました(T−T


■次回予告■
戦慄の手術室!痛む左腕!

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は 桃色グラフィック でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 00:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
Dizくんの扁桃腺切除体験記 その5
2003年12月16日。めでたく退院できました。
しかし、それは序章にしか過ぎなかったのです・・・

退院したものの、ボクの体はガタが来ていたようです。
それからは、1ヶ月に2度ほど40度の熱が出るようになりました。
1ヶ月の25%は寝込んでいる状態です。

扁桃炎は慢性化する事があり、ボクはまんまと慢性化してしまっていたのです。
最初は卒業研究で忙しいから、体調を崩すのだと思っていました。
でも、それは間違いでした。

卒業研究の発表会の時も、40度ありました。
4月の入社式で東京に行った時も40度ありました。
引越しのも40度の熱で延期しました。
社員研修の時も40度の熱で欠勤しました。
水銀体温計を見てみてください。42度までしか目盛りがありません。
人間は体温が42度を超えると、たんぱく質が固まって死んじゃうそうです。
41度でた時は、ホントに死ぬかと思いました。

挙句の果てには、高熱に耐え切れなかったのか
体温計が壊れて正常な温度をささなくなりました(^−^;

こんな事では、真人間としての生活はおくれません。
そんなこんなで、ついに扁桃腺を切除する事になったのです!


■次回予告■
手術は不可能!?
アイスクリームを喰え!

どうなるDizくん!
次回をこう御期待!!

今日の外観は clover でした。
posted by: Diz | Dizくんの扁桃腺切除体験記 | 09:11 | comments(6) | trackbacks(0) |