Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
COUNTER 2005/08/19
Total

Unique
あなたのブログのお値段は?
GoogleAdSense
なかのひと
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ウォッチメン 感想
watchmen_02001.jpg
公開してスグ見たんだけど
ダラダラしてたらタイミングを逃してしまった。
やっとこさ感想を書く。


基本的には、原作に対する愛を感じる作りだった。
■前半
前半の感想は、原作どおり。
でも、映像には向かない。

原作の前半は、各キャラクターにスポットが当たるため
観客の視点もコロコロ変わり、誰に感情移入していいかわからない。
それと同時に、時間的な制約から説明不足も多々ある。


■後半
後半になるにつれて
尺の不足と予算の不足が見えてきた気がする。

小物が出てこなかったり
説明不足から、納得出来ない展開もあり。

ラストは、原作と多少違う展開になるけど
コレはありだと思う。
大筋は一緒だし。
原作は、30年前のアイデアなので
そのままだと、ちょっと古く感じる部分なので変更は英断だと思う。


■総評
愛を感じる作りだったし、概ね良い。
冒頭の10分くらいのデキは神だと思う。

ただ、初見の人が見て面白いかは疑問に感じる。
バックボーンの設定がしっかりした作品なので
映画には向いてないと思う。

原作の中で説明されてる
世界の空気、文化の違いなどを説明するには
映画の時間も、視聴者の時間も足りなさ過ぎる。

コミックは、読者に物語を進める主導権があるので
疑問が浮かべばページを戻ればいいし、疲れたら読むのをやめればいい。

でも、映画は待ってくれない。
1シーンに詰め込んだ情報が多すぎても伝わらない。


映画向きの作品とそうじゃないものの差を感じた映画でした。
映像にするなら、1クールのテレビドラマの方が向いてたと思ったよ。


ただ、それでも一般のヒーロー物との違いは伝わるハズ。
興味があればお勧め。
そして、不満があればコミックをどうぞ(笑)
posted by: Diz | 映画 | 02:18 | comments(0) | - |
ウォッチメン
090309_0011~01.jpg
ウォッチメンですッ!

3月28日ロードショー!
Junoが教えてくれたんだ!

ウォッチメンだぜ!
ウォッチメン!
アメコミのヒーローだぜ!
ずっとずっと公開を待ってたんだぜ!


アメコミの歴史を変えた作品。
この作品があるから
アメコミは大人の鑑賞に耐えうるものになった。





悪から世界を監視し、守ってきたヒーロー達。
だが、監視者は誰が監視するのか?
posted by: Diz | 映画 | 20:48 | comments(0) | - |
WALL・E
081212_1426~01.jpg
ウォーリー見てきたよ!
すげー面白かった!

ピクサー作品はホント安心して見れる。
必ず面白い。

相変わらずキャラクターの演技も凄いし
一瞬も退屈しない。



あと、今回は台詞が少なく
映画前半は字幕も必要ないくらいだった。

字幕が必要ない映画って
子ども向け映画には最高だよね。
posted by: Diz | 映画 | 14:44 | comments(2) | - |
ダークナイト
080830_2026~01.jpg
久々に映画を見たよ!
見たのはダークナイト。
バットマンです!


めっちゃ面白かった!
実にバットマンらしくて良かった!


知らない人は誤解してるかもしれないけど
バットマンは超人的な能力を持っていません。

空も飛べないし、強いと言っても
訓練を積んだただの人間。
蜘蛛の糸も出ないし、
犬に噛まれただけで大きな傷が出来ます(笑)


彼の強さは精神的なものなのです。
何があっても目的を遂行する非情さや信念がカッコいい。



個人的には、対比がよく出来てる映画だったと思う。

今回は宿敵ジョーカーが登場するんだけど
彼は狂気の存在で犯罪を楽しんでいる。
超人的な力は何もないけど、やる事がえげつなくて恐い。
そして、バットマンが困る姿を見るのが大好き。
バットマンがいなくなれば犯罪すらやめてしまうツンデレ犯罪者。
バットマンの存在が凶悪な犯罪者を産み、存在させる。
バットマンとジョーカーは表裏一体の存在。


また、バットマンと違い
検事として表社会で犯罪者と戦うハービー・デント。
表社会で犯罪者と戦うデントと
闇で犯罪者と戦うバットマン。
こちらも表裏一体の存在。



前シリーズよりも徹底してる演出もバットマンらしくて良かった。
バットマンの時は、声もぼかしてあって正体を隠してるとか。

平気で悪役を殴ったりビルから突き落としたりとか。
(バットマンは、恐怖による犯罪撲滅がモットー)

バットモービルも前シリーズと一風違いカッコいい。
カッコ良すぎる!
オモチャ欲しい(笑)

ファンサービスも細かくあって
知ってるとあれこれ深読みしてしまいます(笑)
ちょい役でスケアクロウが出たり
ロビン登場か!?とかオラクルの伏線か!?と思うシーンがありました。
全然本筋とは関係無かったけど(笑)



悪い点と言えば
長い解説の台詞を言わせたいらしく
無駄にカメラを回す事が多い。
(それほど気にはならない)


ゴッサムシティが綺麗すぎる。
ゴッサムシティはもっとスラムのような街のハズ。
今作では、とても綺麗な街になってて
犯罪の匂いがしない(笑)


バットマンの正体を隠すため
遊び人を装っている説明がない。
知らない人は、金持ちの道楽カッコいい!とか誤解しそう…。



でも、ホントに悪い点がほとんどなく
最近の映画では群を抜いて面白かった!

バットマンを知らない人にも
かなりおすすめ!

最近のアメコミヒーローブームに乗って
是非見て欲しい。

バットマンのバットマンたる由縁がわかると思います。

posted by: Diz | 映画 | 07:17 | comments(0) | - |
亡国のイージス
亡国のイージス
亡国のイージスですッ!

今更なんですが見ました。
面白かったです。

なんかいろいろ頑張って詰め込んで作った映画って感じ。
原作小説の密度が高くて
2時間じゃこれしか詰め込めなかったって感じた。
それでも良く出来てて小説も読んでみたくなった。


最初は、富野監督なんて
ドコに出ててもわかると思ってたら
熱中して気がつかなかった(^−^;)


結局ドコに出てたんだろ?
posted by: Diz | 映画 | 09:19 | comments(4) | trackbacks(1) |
RENT
歌うように、愛したかった。
踊るように、生きたかった。
−−−燃え尽きる、その瞬間まで。


久々に映画を見に行って来たよ。


見たのは RENT


ブロードウェイ・ミュージカルの映画化らしい。
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 を
見に行った時にCMをやってて、それから気になってた。


友人の Juno を誘って11:30に待ち合わせ。
なんと!30分も遅刻してしまった・・。
待ち合わせの30分前に
「着いたよー!」とメールが入る。
「エライ早いなー?」と思って、メールを見返してみると・・

ボク「11:30くらいに待ち合わせて昼御飯食べて見ようか?」
Juno「おっけー!」
ボク「じゃあ、11時待ち合わせで!」

おおおぉ!
時間指定間違えてる!
最後も11:30って書いたつもりだったのに!

Juno相手にJunoってしまった・・・。ゴメン。
 ※Junoる 遅刻するの意


で、肝心の映画はというと
かなり良い感じだった。

ミュージカル映画なダケに
ほぼ歌いっぱなし。
歌上手い!

人が死んだ時なんかに
「今日はケンカは止める約束だ。
 あいつはそんな事望んじゃいない」
とか歌われると泣けちゃうよ。

そういった事を乗り越え
各々の道を歩き始めるみんな。

車を売り、ギターを手にする男。
社会に魂を売り、映画作成をする男。
そんな姿をバックに
「映画監督は目が悪い。
 だけど、声は聞こえる」
「ミュージシャンは耳が悪い
 だけどあいつの姿は見える」
とか歌われるとまた泣けちゃう。


今週は、全然寝てなくて
ちょっとダケ寝てしまったから
少しわからない所もあったんだけど
それでも面白かった。

Junoも満足してたみたいだし
かなりお奨めだと思う。
あれは、サントラ欲しくなるわ(笑)

あ、作中の台詞は、うろおぼえなんで話半分程度に。
さ、次は トム・ヤム・クン! 見ないと。
posted by: Diz | 映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱
ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱
マイミクのヒロが紹介文で書いてくれてるとおり
「ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱」が大好きです。


これは 三代目鬼太郎 (声がアンパンマンと一緒のヤツ)の
劇場公開アニメなのです。


内容はというと、
普通の鬼太郎とちょっと違って
ねずみ男が主人公のお話なんです。

悪い妖怪が攻めてきて
パニックになる東京。
そんな中でねずみ男は、
自分の事を好きになってくれる
小さな女の子と出会います。

心を入れ替え、この混乱から
女の子を守り抜こうと誓うねずみ男。

しかし、強いわけでもないねずみ男は
女の子を守りきれず、悪い妖怪にさらわれてしまいます。

そして単身助けに向かうねずみ男。
そして・・


というのが内容。
ねずみ男の心情が良く描かれていていい感じなのです。
自分は強くないから、鬼太郎に任せるしかない悔しさ。

その鬼太郎が守りきれず、女の子さらわれてしまった時に
鬼太郎に八つ当たりしてしまい、感じる己の無力さ。
鬼太郎が悪いわけじゃないと自分でもわかっているのです。

今まで人を騙す事に使う時間があれば、
何故今の為に特訓の1つでもしていないんだ、と感じる後悔とか。


それを乗り越えて
女の子を助けるために
単身、悪い妖怪の本拠地に攻め込むわけです。


子ども向けの映画なんで
適当な部分も多いですが(笑)

妖怪が出たらとりあえず
ミサイルだ!と行動する政治家や自衛隊とか
女の子の髪の色が、本編では金髪なのに
ビデオパッケージではピンク色だとか
そもそも異次元妖怪って出てきてないよね?とか。


でも、ねずみ男かっこいい。
めちゃ感動するのでお奨め。
posted by: Diz | 映画 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
友達と映画を見てきたよッ!
映画館行くの凄い久し振りだった。
最後に見たのスパイダーマン2かも(笑)

今回見てきたのは
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女


想像してたより全然面白かったよ!
第1章って事で
中途半端な終わり方だと思ってたんだけど
ちゃんと終わりました(笑)


■良かった所:
・動物が上手に描かれてる
動物がいきいきとしてるし動物の配役がいい!
狐が出てくるんだけど
敵に嘘をついて、主人公達を助けてくれたりするんだよ。

最初は、騙されるんじゃないか?とか思っちゃうんだけど
ずっと主人公達の為に嘘をつき通してくれたり。
狐の信念めいた物を感じたし、凄く良かった。

動物の習性なんかもしっかり考慮して作ってあるし凄い。
動物を好きになる映画だと思う。

重要なキャラのライオンは
100人がかりで2年かけて作ったらしいよ。

・前半の進め方が上手い
ナルニアに行く理由とかに不自然さが無く
上手に話が進んでいったと思う。


■悪かった所:
・後半の話の進め方が適当
悪い所は、これに尽きると思う。
表面的には、話が盛り上がってくるあたりなんだけど
どんどん設定や行動が適当になってくる。
何かと突込みどころが多い。

主人公達も、元の世界にいる両親の心配すらしない。
元の世界だって、戦時中なんだから心配してやって欲しい。

・変態キャラ
フォーンっていう
上半身が人間で下半身がヤギ(?)のキャラが出てくるんんだけど・・
彼がどう見ても変態だった(笑)

ナルニアは冬で、凄く雪が降ってる。
彼も雪をよけるために傘をさしてて
寒いからマフラーを巻いてるんだけど・・

全裸なんだ。

裸に傘さして、マフラー。
そんな姿で小さな女の子を連れて行くシーンは
犯罪の匂いがした(笑)

女の子も「いい人だわ」とか言ってる場合じゃないぞ!


■総評
突っ込み所は多いけど
面白い映画だったよ。
動物がいい味だしてるし
ちゃんと話も終わるし。

興味がある人は見るといいかも!
posted by: Diz | 映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
CUBE
少し前の映画なのですが・・
CUBE を見ましたッ!
噂になってたから、ずっと見たかったんですよね。

コレがメチャクチャ面白かったのです。
話しは簡単で
謎の立方体の中に数人の男女が閉じ込められ
その数人はそこからの脱出を目指すというもの。

立方体は、ルービックキューブのように連なっており
一辺が何個の立方体で出来ているかも不明。

どんどんとキューブの中を移動しながら
脱出を目指すわけですが
立方体の中には罠があるものもあり
一歩間違うと即刻命を落とすという厳しいもの。

極限状態で見せる人間のエゴとドラマ。
今まで見た映画の中で
群を抜いて怖い映画でした。
こんな怖い映画を見たのは初めてです。


2もあるようなので見たいんだけど・・
きっと怖いから見たくないような・・
複雑な心境です(^−^;)
posted by: Diz | 映画 | 10:41 | comments(7) | trackbacks(0) |
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン を見ました。
友人が買ったので借りたのです。
さんきゅー!

FF擦蓮¬滅鬚ったし好きなので見てみたかったんだよね。
CGも凄いし。

見た感想は、良くも悪くもFF札侫.麝僂虜酩福
冒頭は、FF擦離┘鵐妊ングムービーと
同じカットから始まります。
舞台となるのは、実際にゲームでも出てきた町々。
キャラクターの戦っている時の技なんかも
ゲームそのままの技も多くファンの心をくすぐります。
クラウドのリミット技とか出てるよ!
キャラクターも重要キャラは必ず登場し
ファンも満足。

ゲームに出てきたカットをそのまま
現在の技術で綺麗に書き直した部分もあり
懐かしい!って感じ。


おそらく意図的だと思うんですが
ストーリーはほぼ無しで
その分アクションシーンに力を入れてる感じ。

アクションシーンの出来は素晴らしく
見ていてあきない。
人間では出来ないようなCGならではの
シーンばかりなので
CGが活かされてます。

マトリックスやドラゴンボールを
想像して貰ったら近いかな。


FF擦鮹里蕕覆た佑隆響曚
何言ってるか全然わからん+アクションシーンは凄い
みたいな感想になると思います。

そういえば、おまけでFF擦離瀬ぅ献Д好
なんかも入っていて懐かしい(笑)
当時はコレで感動だったんだよな。


FF擦録裕いあったので
世界観、キャラクターを利用した商品展開が始まっているのですが
今作がコレなら今後も期待できそうです。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン 公式サイトはこちら

そうそう。
PS2で出るゲーム ダージュ オブ ケルベロス -FF VII-(仮称) でも
アドベントチルドレンでモデリングされたキャラは
使用されるみたいですよ!
posted by: Diz | 映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) |